リピーターを掴む!取引メールの書き方

メールはタイトルとタイミング

取引メールはほとんどの場合、無視をされるか読まれません。受け取り手側からすれば読む価値のないものとして認識されているからです。そう考えると、取引メールで一番重要になってくるのがタイトルです。タイトル次第で読まれる確率が変わってきます。開いてさえもらえれば、スタートラインに立ったことになるのです。また、内容は顧客にとってタイムリーで欲しいと思われるものでければ、リピーターになってもらえることはないのです。欲しいと思われるタイミングで欲しいもののメールが来れば、買ってしまいます。お金があるときに欲しいものが手に入るとなれば、迷わず買ってしまうのが人間です。給料日や懐が温かい日などにメールが読まれるように送ることが大事になります。

必要なものとその他をお勧めすること

顧客が買いたいと思うものをお勧めするメールであることが大事です。必要ないものをほとんど顧客はメールから買うことはないからです。売りたいものを売るメールでは購入率が上がることはないので、顧客が今のタイミングで欲しいと思うものを推挙することです。個人情報やアンケートから、その傾向を読み取ることが重要になってきます。推測して、商品を勧めるのです。推測から導き出される商品をお勧めして、さらにもう一つ関係ない商品を勧めることも忘れないようにしましょう。意外と全く関係のない方の商品を買うこともあるものです。それは人間の行動が一定ではないという証拠でもあります。必要なものを勧めておいて、関係ないものを買ってもらうという戦略で成功している企業は存在しているのです。